pose_koshi_nukeru_kowai_man

77: もっふるさん 2019/10/07(月) 10:22:20.38 ID:/NoY8Zxg0
以前、住んでた団地の敷地内を
歩いていた時の話。 

ふと地面に破り捨てられた紙が落ちていた。 

元はハガキよりちょっと小さい位
だったんじゃないか、という 
メッセージカードみたいな感じ。 

そんなに細かくは破られてなく、
何か書いてあるのが見える。
 
破られてるので完全には読めないが、

「⚪⚪ちゃん(子供の名前?)は
 天使にななったんだね」
「⚪⚪ちゃんはお空の上で幸せに
 暮らしてるんだね」

みたいな事が書いてあるようだった。

なんで破り捨てられてるのか、
誰が誰に送ったのか。

ほんのりと怖くなった。

78: もっふるさん 2019/10/07(月) 11:05:59.32 ID:zv07bvRJ0
>>77
拾ったの?

79: もっふるさん 2019/10/07(月) 11:11:07.52 ID:/NoY8Zxg0
>>78
拾わなかったよ。
覗きこんで見えた感じから文章を推察した。

82: もっふるさん 2019/10/07(月) 11:54:37.06 ID:H2Exq4XW0
>>77
まさに ほんのりと怖い話だね?

83: もっふるさん 2019/10/07(月) 11:57:46.83 ID:zv07bvRJ0
>>77
そういうのは拾わない方が良いよ。

昔中国で会った冥婚では、結婚せずに
亡くなった娘の持ち元を路上において、
拾った男を「夫」として婚礼を上げる
風習があった。
(古代ではそのまま、冥界で
添い遂げるために同じ墓に
送られたらしい)
日本にも入ってきてて、こっちは
形ばかりだけどね。

その死者の弔いの変化した物に
「幼くして亡くなった子供の友達を
 見つけてあげる」
ってのがある。

子供の玩具や、子供を想う文章を
書いた物を割いて道にまく。

拾った人は「オトモダチになる」と
いう訳だ。

撒いた方は物陰から見ていて、拾った人の
家を突止めて、後日お願いに行く。

拾った本人には黙ってタヒんだ子に
「あの人が貴方のオトモダチだよ」
って言い聞かせるだけの場合もある

87: もっふるさん 2019/10/07(月) 12:12:34.42 ID:UNbnECZw0
>>83
台湾で赤い封筒がどうたらってのを
どこかで見たことがある

88: もっふるさん 2019/10/07(月) 12:24:49.88 ID:GCpc0AB50
>>83
その冥婚の話は有名なんだけどさ、
「古くからの中国の伝統」じゃなくて
「比較的新しい台湾の習俗」である上に、
実際にやる人がいたらニュースになる
くらい稀にしか見られない

「知ってる人は多いけど、本当にやる
 バカは滅多にいない」
と言う意味では、日本の丑の刻参りくらいの
感覚だな

そういう過激なのじゃない冥婚は、早世した
人への供養とか祭祀を引き継ぐ都合とかで
割と普通に行われてるので念の為

85: もっふるさん 2019/10/07(月) 12:01:19.40 ID:zv07bvRJ0
>>77
>>80

それならよかった。

一応、タヒんだ子供にメッセージを届ける
方法として、想いを書いた紙を細かく
切って川に流す、風で散らす。
と言う方法も江戸時代からあった。

水に早く解けたり、風で飛ぶと、思いが
届いた。ってことになるので、
薄紙や浅草紙が使われる事が多かった。

89: もっふるさん 2019/10/07(月) 13:12:03.19 ID:2tcL0vxAO
日本でもムカサリ絵馬みたいな風習が
あるからな

親心はわかっても他人を巻き込まないで
ほしいね


引用元
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1569833087/


人気ブログランキング


ポチッとお願いします(*´꒳`*)



 

sponsored links