sleep_cry_man

914: もっふるさん 2007/05/11(金) 08:53:34 ID:OVLnK0sYO
ちょっと長いかな? 

中学で軽くハブられてた頃の話なんだが。 

今日も無視された…と布団の中でこそこそ
泣いていたら、ミシ、と足音がした。 

親かと思い急いで涙を拭いて布団の
隙間から覗いてみると、見覚えのない足が。 

何だ?と起き上がると、
10代~20代前半ぐらいの白い服を着た
男がドアの前にぼんやりと立っていた。

驚いて硬直状態になる俺。

まだ金縛りやラップ音といったことは
されてなかったが、動いたら何か
されるんじゃないかと思いじっとしていた。

しばらくびくびくしながら息を潜めていたが、
男が何かしてくる気配はない。

ただぼけーっと俯いて立っているだけ。

慣れてきたのか少し恐怖が薄れてきた俺。

当時クラスメイトはもちろん親とも
最低限しか話さなかった俺は急に
寂しくなり、何を思ったか男に
話し掛けてみることに。

俺「あの…」

男「………」

俺「人間…じゃないです…よね?」

男「………」

俺「…聞こえてます?」

男「………」

その後も色々話し掛けてみたが男は無反応。
ぼんやり突っ立ってるだけ。

独り言を言っている気分になって、急に
恥ずかしさと返事がないことに対する
怒りが込み上げ上げてきた。

俺は男に向かって
「聞こえてんだろ!!?返事ぐらいしろよ!!
   お前まで俺を無視すんのかよ!!!!!」
と怒鳴った。

そこで初めて顔を上げた男はまさに
(゚Д゚)ポカーンといった表情。

更に怒鳴り散らす俺。

普段から鬱憤が溜まっていたせいも
あってもう止まらなかった。

ひとしきり喚いた後は
「もう嫌だ…何で俺ばっかり…」
と膝を抱えて泣き出す始末。

するとぽん、と頭を撫でられた感触が。

目線だけ上げると、男が複雑そうな顔を
して俺の頭を撫でて、
「……ごめん」
と言い残して消えた。

それから二度と男は現れず、心霊現象らしき
ものも起こらないまま今に至る。

物凄いDQNだな俺…
あの時は本当に申し訳ないことをした。
(´・ω・`)

慰めてくれて有難うと彼に伝えたい。

915: もっふるさん 2007/05/11(金) 09:24:41 ID:Uklc25aN0
>>914
笑えないけど、いい話だ。
霊も人間なんだよな。


925: もっふるさん 2007/05/11(金) 17:28:39 ID:5FVT3mp6O
>>914

916: もっふるさん 2007/05/11(金) 11:08:49 ID:7v7GPqqb0
本当は何をしに現れたんだろうね?

謝るくらいなら最初から会話すれば
いいのにと思ってしまったよ…


引用元
https://hobby9.5ch.net/test/read.cgi/occult/1173973901/


人気ブログランキング


ポチッとお願いします(*´꒳`*)



 

sponsored links