pose_english_wow_man

627: もっふるさん 2006/01/23(月) 08:53:38 ID:kFYWadk9
まだ、エレベータの話をやってる
のかよぉぉぉぉぉ
と言いつつ、ちょうど、エレベータに
関する和み話を思い出したので、書いてみる。

あるビルの最上階(17階)のエレベータに
おれと観光客らしき欧米系外人二人組
(男・女)が乗り込んだ。

(そのエレベータは1階と最上階を結ぶ
直行エレベータで、1階と最上階以外には
停まらない。)

自分たちが乗り込んだ後、4名のグループが
続いてエレベータに乗り込もうとしていた。

だが、そのエレベータは非常に速く
ドアが閉じ、さらに閉じたら、すぐに
動きだす仕様だったため、その人たちが
乗り込もうとしたときには、
すでにドアが閉じようとしていた。

あわてて、おれと外人男が両側に
付いている「開く」ボタンを押して
(おれが左側、外人男が右側のボタン)、
ドアを開こうとしたが、無情にも
ドアは完全に閉まってしまった。

あまりに速くドアが閉じたことに
驚いているせいなのか、ドアの窓越しに、
口を開けてポカーンとした顔をした人や
目を見開く人の姿が見えた。

続いてエレベータが下降し始めようと
したとき、乗り損ねた人のうちの
一人の男が「おっ・・・」と
低い声をあげた。

そして、おれたちを乗せたエレベータが
下降し始めた。少しの間、エレベータ内は
沈黙に包まれたが、15階付近で、ふいに
外人女が、
「私たちが閉めたと思われてるのかしらね」
というようなことを英語でつぶやいた。

その瞬間、おれも外人男も軽くプッと吹き、
3人でほんの少しだけ遠慮ぎみに笑った。

再び、エレベータ内は沈黙に包まれたが、
エレベータに乗り損ねた4人の唖然とした
表情とそのうちの一人が発した
「おっ・・・」
という低い声を思い出し、おれは必タヒに
笑いをこらえていた。

そのうち、5階付近で、外人男がプッと
吹き出した。
どうやら、彼も笑いをこらえていた
ようだった。

その瞬間、おれも外人女も笑い、三人で
今度は顔を見合わせて、ちょっと
大きめな声で笑い合った。

ひとしきり笑いスッキリしたころ、
エレベータは1階に到着した。

おれたちの笑い顔を見て、1階でエレベータを
待っていた人たちが怪訝な顔をしていた。

んな中、おれたちは無言で軽く手を
あげ合った後、おれはエレベータを
出て左方向に、外人二人組は右方向に進み、
永遠の別れをした。

629: もっふるさん 2006/01/23(月) 10:31:48 ID:or9R92xj
>>627
ごめんよ、レス読まずに反応しちゃった。

なんか短編小説のようなさわやかな
読後感だ。

631: もっふるさん 2006/01/23(月) 11:43:31 ID:bKe6wLIq
>>627
永遠の別れか・・・カワイソス

632: もっふるさん 2006/01/23(月) 12:46:58 ID:LsNvHBhT
つまり>>627はビルを出たところで
車にはねられて二度と帰ってこなかったと
いうことでおk?

630: もっふるさん 2006/01/23(月) 10:33:29 ID:vDzkSI6I
そしてビルの反対側で再会した

634: もっふるさん 2006/01/23(月) 18:16:30 ID:caCohx1j
>外人二人組は右方向に進み、
永遠の別れをした。

心中(((((゚Д゚;)))))ザクグフゲルググ

635: もっふるさん 2006/01/23(月) 18:50:11 ID:IyCI+n2S
今このスレで怪奇現象が

640: もっふるさん 2006/01/23(月) 20:14:36 ID:j+wu+TVA
挟んだね…
親父にも挟まれたことないのにーー!!


引用元
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1136618925/


人気ブログランキング


ポチッとお願いします(*´꒳`*)




sponsored links