inari_kitsune5_tama

819: もっふるさん 2008/04/09(水) 10:06:34 ID:9ZvmoJkp0
友人の体験談。 

観光旅行で、紀伊半島のどこかの山に
行った。 
山っつっても本格的な登山じゃなく、
なんとかロードとかいう名前の付いた 
眺めの良い有料道路の途中にあるお寺を
見学した程度。 

古いお寺を見て、車に戻る途中、脇道を
見つけてなんとなくそっちに行ってみた。 

突き当たりに小さな稲荷神社があった。
小さいといっても、ちゃんと立派な
鳥居もあり狐の石像が両側を守っていた。

友人はなんとなく神社の中を覗いたり
してから、お賽銭も出さずにその場を
立ち去ろうとしたんだが、
狐の石像の前を通り過ぎようとした
ところで
「おい」
と呼ばれたような気がした。

誰かいたのかな?と辺りを見回したが、
誰もいない。

気のせいか、とまた歩き出そうとしたら、
また
「おい」

・・・gkbrしつつ立ち止まった途端、
今度は頭に何か小さなモノがこつんと
あたって足元に落ちた。

びっくりして見下ろしてみると、
転がってたのは、小さなどんぐり。

なんとなく振り向いたところで
賽銭箱が視界に入る。

・・・・まさか?

賽銭箱に小銭を入れて形ばかりの参拝を
したところ、今度は何事もなく
参道を出られたそうな。

「お賽銭の催促をするなんて、
   もしかしたらあのお稲荷さん、
   寂しかったんかな?」
と友人は笑ってた。

それ以来、どんな観光地のどんな小さな
祠でも、彼はちゃんとお賽銭を入れて
参拝している。

神様って大事なんだよね。
と言いながら。

820: もっふるさん 2008/04/09(水) 13:05:14 ID:oJLnZfnA0
子狐がどんぐりをぶつけている姿を
想像した…

テラカワユス

821: もっふるさん 2008/04/09(水) 20:13:00 ID:HZ76dZXD0
(*´д`*)ハァハァ


引用元
https://hobby11.5ch.net/test/read.cgi/occult/1194968487/


人気ブログランキング


ポチッとお願いします(*´꒳`*)



 

sponsored links