pet_cat_sit

639: もっふるさん 2008/10/27(月) 21:40:47 ID:GZYa9MxjO
笑えるかどうかわからんが随分前に
こんなレスを見た。

その人のひい祖父さんが若い頃の話
らしいんだが

若い時に猫を飼ってて野良仕事が
終わる頃位に必ずその猫は迎えに
きてくれたらしい。

それだけでも充分おかしいんだが
ある日の事いつもの時間になっても
迎えに来ない。

あれ?おかしいな?って思った矢先に
猫が迎えに来たので猫に声をかけた。

「いつもより遅かったな。どうした?」
すると猫が
「今日は餌が雑炊だったから食べるのに
   手間取った」
と答えた。

爺さん(若い頃)は
「あれ?猫がしゃべった?空耳かな?」
と思い家に帰り着くと
婆さん(モチ若い頃)に聞いた。

「猫の餌に何をやった?」
すると
「今日は雑炊をやったら熱くて
 手間取ってた」
そう聞くと爺さんは神妙な顔になり
次の日の朝、
「お前は人と一緒に暮らして行けない。」
と言って握り飯を三個ほど包んだ
風呂敷を首から下げて山へ返された
らしい。

その人は他にも猫を飼ったが最後まで
看取ったらしく山へ返したのは
その猫だけ。

風呂敷を首から下げて山へ帰る姿を
想像したら面白いと言うよりカワイイ。

前にも書いてたけど一生に一度
人語をしゃべったのかな?

640: もっふるさん 2008/10/27(月) 21:51:38 ID:FIoxbh8l0
可愛くも可哀想な気がするが、それが
猫の掟なのかもしれないな

しかし「けにゃっぷ」といい雑炊といい、
かなりどうでもいい会話w

古今著聞集か耳嚢か忘れたが、
古い逸話集にも類話がある

人語を喋っている現場を目撃された
猫が出て行ってしまう話

喋る猫と暮らしてみたいなあ…
結構辛辣そうだけど


引用元
https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1219692817/


人気ブログランキング


ポチッとお願いします(*´꒳`*)




sponsored links